歯の黄ばみを予防する大事な3つのポイントとは?

この記事を読むことで、歯の黄ばみ予防に関する情報を簡単に取り入れることができます。

 

歯の黄ばみを予防することで、歯の黄ばみの進行を防着ます。予防する大事な3つのポイントを分かりやすく簡単に説明していきたいと思います。

 

3つのポイントを理解してうまく予防していきましょう!

 

食後はきちんと歯磨きをして汚れを落として予防

歯の黄ばみ 予防

歯の着色を防ぐために一番手っ取り早いのは着色しやすい飲み物や食べ物の摂取を避ける事です。飲み物だったらコーヒーや紅茶を避けて水を飲んだり、冷たいコーヒーや紅茶の場合は歯に直接つけないようにストローを使って飲む事も予防になります。

 

ですが、全ての飲み物や食べ物を避けていく事はかなり難しいです。一回摂取しただけで着色するわけでもないので、食後の歯磨きによる汚れ落しが大切になってきます。歯磨きする時間がない場合などは口をゆすぐだけでも効果は得られます。

 

喫煙習慣のある人は着色する可能性が大なので、毎日の歯磨きでヤニをきちんと落とすようにしましょう。しかも、タバコには多くの有害物質が含まれており、歯肉の血流を悪くするなどの悪影響も与えます。喫煙者は非喫煙者より歯周病いなりやすいデータも取れているので、健康のためには禁煙する事が一番いいと思います。

 

唾液の分泌量を増やし再石灰化を促して予防

歯の黄ばみ予防

食事やおやつを摂ると、歯のミネラル成分が溶け出す「脱灰」が起こります。ですが、時間が経つと唾液に含まれるカルシウムによって、溶け出したミネラル成分が元に戻る「再石灰化」が起こります。

 

口の中では、この脱灰と再石灰化が繰り返し起こり健康を保っているのです。脱灰を進行させないためには、甘いものや食べ続けたりして脱灰する時間を長引かせるような事は避けるようにして、再石灰化を促す事が重要です。

 

唾液のとても重要な役割があって、歯の表面についた食べ物を洗い流したり、食後の酸性に傾いた口の中の環境を中性に戻し、歯が溶けるのを防いでくれます。普段から唾液の分泌量を多くする事により自浄作用ができ、歯の再石灰化が促進されやすくなります。



 

よく噛んで唾液の分泌量を増やして予防

歯の黄ばみ 予防

唾液の分泌量を増やして予防する事もできます。唾液は噛む事によって刺激となり分泌が増えます。ですので、食事の時はよく噛んで食べる事を心がけるようするといいでしょう。硬い食材を食事の中に取り入れると、自然と噛む回数が多くなり効果的となります。

 

普段支障がなければ空き時間にガムなどを噛んで唾液の分泌促進するのもいいと思います。または、唾液腺の周りをマッサージしたり、舌を動かすトレーニングなどをする事でも、唾液の分泌量増加が見込めます。

 

 

唾液の分泌量を増やす舌のトレーニング

舌を動かして、周辺の筋肉を鍛えることで、唾液の分泌が促せます。

以下が舌のトレーニング手順になります。

  1. 口を大きく開け、舌を前方に突き出してから元に戻すのを繰り返す
  2. 舌を上の方に突き出し、左右に動かす
  3. 舌を突き出し、唇を舐めるように一周させる
  4. 前歯の裏に舌を当て、舌打ちのように音を出す

 

唾液分泌量を増やす食材

意図的に唾液分泌量を増やす事のできる食材もあります。レモンを始めとする柑橘系の果物や、梅干しなどに含まれるクエン酸は、口内を刺激するので唾液量が増えます。

 

昆布やわかめなどの海藻類は、海藻特有のぬめり成分であるアルギン酸を含んでおり、口内の保湿効果もあります。また、唾液分泌を促進する働きのあるポリグルタミン酸を含む納豆もおすすめとなります。

 

歯の黄ばみの予防に関してのまとめ

3つのポイント理解したでしょうか?

 

予防するにあたって大事なことは「汚れを落とす」「再石灰化の促進」「唾液分泌量」です。この3つを意識することで、予防する効果もグーンと上がります。どれも難しいことではなく、意識すれば誰でも簡単にできることです。

 

この予防をすることで歯の黄ばみ進行を遅らせ、自身がケアすることで歯の黄ばみを防ぐことができます。

 

黄ばんだ歯を見て気分が良いという人はいません。いくつになっても白い歯は、見た目も美しく、清潔感があるように見えます。少しでも歯の黄ばみに不安がある人は、予防、対策、改善を目指して取り組んでいきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました