【身近に潜む危険】歯が黄ばむ3つの原因を知り白い歯を守ろう!

皆さんは歯が黄ばむ原因について考えた事がありますか?何故、歯が黄色くなったり茶色くなったりするのか。。。

 

実は身近な生活習慣でたくさんの落とし穴があります。知らず知らずのうちに歯が黄ばんでしまう事を毎日繰り返しているかもしれません。

 

そんな歯が黄ばむ3つの原因を、わかりやすく記事にしてお伝えしていきたいと思います。

 

歯の黄ばみは象牙質の色でも決まる

歯の黄ばみ原因

歯の主体は「象牙質」で成り立っていて、表面を覆って象牙質を守っているのが「エナメル質」になります。血管や神経などが通る場所は「歯髄(しずい)」と呼ばれ、エナメル質と象牙質に間にある「セメント質」などで構成されています。

 

半透明なエナメル質は色が薄くて、エナメル質からその内側の象牙質が透けて見えます。歯の本来の色は象牙質の色に影響されていると言います。

 

主に象牙質は乳白色ですが、これには個人差があり肌や髪の色と同じように、最初から白い人もいれば、中には少し黄色味を帯びた人も存在します。エナメル質の厚さや透明度もマチマチなので歯の表面に光が反射することで白く見えたりと、象牙質の色の見え方は変わって見えることもあります。

 

 

生活習慣や加齢で歯の黄ばみの原因に

歯の黄ばみ原因

最初は歯が白かった人でも、加齢と共に少しずつ白さを失っていき、黄ばんでくることも当然あります。加齢により象牙質自体の色が濃くなってしまうこともありますが、歯が黄ばむ原因の多くは、象牙質ではなくエナメル質にも原因があります。

 

その原因の一つとしてはステインになります。ステインとは着色汚れのことです。毎日の食生活や食べ物、飲み物、嗜好品の色素がエナメル質の表面の膜と結びつき、ステインとなり歯に付着して蓄積してしまいます。

 

ステインの元となる食べ物は次のようなものが挙げられます。

 

  •  タバコ……タバコのヤニ(タール)が歯にこびりつき、歯の色が茶色くくすんでくる。
  •  コーヒー、紅茶、ウーロン茶 ……コーヒーや紅茶に含まれるタンニン、カテキンなどが黄ばみの原因となる。
  •  赤ワイン、チョコレート、グレープジュース ……ワインやチョコレートに含まれるポリフェノールがステインとなる。赤ワインはタンニンも含んでいる。
  •  カレー粉、醤油、ケチャップ、ソースなど ……調味料に含まれる着色料で着色する。

 

エナメル質が溶け出し歯の黄ばみの原因となる

歯の黄ばみ原因

食べ物などを摂取すると、それに含まれる糖を栄養としてミュータンス菌が増殖します。その菌が酸を作り出して、カルシウムやリン酸などにより歯のエナメル質にあるミネラル成分が溶け出す原因となります。

 

この事を「脱灰(だっかい)」と言い、時間が経つと口内の状態は中性となり、溶け出したミネラル成分も唾液によって元に戻ってしまう「再石灰化」の現象が起こります。

 

口の中は「脱灰」と「再石灰化」を繰り返して健康を保っています。しかし、甘いものなどを過剰に摂取したりしていると「脱灰」が起きている時間が長くなりバランスが崩れてしまい「脱灰」が進行してしまいます。

 

歯からミネラル成分が溶け出しているままだと、歯の表面にできる凹凸やエナメル質の中で光が反射して、ツヤや輝きを失い、黄ばみを際立たせます。

 

さらに、加齢によってはエナメル質の厚さが薄くなり、その内側にある象牙質の色がより透けて見えるようになり、若い時より歯が黄ばんでしまう要因にもなります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました